​院長ブログ<健康気功>

笑顔の二人

いつもありがとうございます。

神経難病とは、

アルツハイマー病、レビー小体病、 前頭側頭型認知症(ピック病)、

パーキンソン病、脊髄小脳変性症、

多発性硬化症(MS)、重症筋無力症、などで、

そんな人が二人来ています。

(しかし、驚くことにこのお二人明るくいつも笑顔なんです)

気功で改善され夢でなく現実に治ればと、 私の知識、経験、技術を総動員して提供していますが、

知り合いの医師から薦められてサプリの重要性を知りました。

サプリメントの必要性を藤川さんという医師が主張しています。

自分で良いことを知ったらすべて 出し惜しみせず人に教えることにしています。

特にこのお二人には奇跡が起きてもらいたい。

藤川医師の主張は

神経細胞の栄養不足による飢餓が神経難病の原因。

特に、深刻なB1不足(脚気)+深刻なナイアシン不足(ペラグラ)を呈している。

つまり、治療はB1メガ量+ナイアシンメガ量が最重要。

と治療法を説明しています。

E不足があると、

→生体膜(細胞膜、ミトコンドリア膜)の不飽和脂肪酸が自動酸化、

→生体膜の水溶性ビタミン(B群、C)の透過性が低下、

→ミトコンドリア内で水溶性ビタミン不足となる。

つまり、十分量のEがあれば、B群、Cの投与量を減らすことができる。

*治療は長期戦となるので即効性のあるナイアシンではなく、 ゆっくり作用するナイアシンアミドで十分、 しかし2000~3000mgの絶対量は必要。

このような具体的サプリメント使用を教えてくれました。

気功と並行して服用するのも一考かと思います。

#気功  #エネルギー #オーリング  #重心  #内側  #感情  #瞑想  #免疫 #ストレス  #脳   #眞塩接骨院 

タグ:

過去記事を読む
​カテゴリー
最近の記事
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​院長ブログ

ご予約はオンラインまたはお電話で

027-223-1310

 

VISIT US

群馬県前橋市西片貝町

3丁目340−3‎

 

CALL

Tel&Fax:027-223-1310

月~金 8:30~1:00、3:00~7:00

土   8:30~1:00

日曜・祭日 休み

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page