​院長ブログ<健康気功>

五十代の女性の例

五十代の女性。

ほとんどが紹介で

気功の治療にみえる人が多いですが、

この方は私のHPを見て

直接来てくれました。

診ると感情ストレスが多く、

眠れないために

朝から疲労困憊の様子です。

過労ストレスにより

緊張や自責の念が強く、

人の言うことも今ひとつキャッチ出来ていません。

やる気も集中力も足りません。

病院であなたはウツだからと言われて

十年ほど抗鬱剤を飲んでいます。

薬をオーリングしてみると合っていません。

止めた方が良いのですが

こういう薬はいっぺんに止めると

副作用が出るので

徐々にやめましょうというのですが、

またこれほど長く飲んでいる人は

言うことを聞きません。

オーリングで調べたように

人の言うことがキャッチ出来ない

脳になっています。

案の定治療を受けるのをためらい始めました。

長年薬漬けの人によくあるパターンです。

数回気功を続け

少しずつ改善を始めたところです。

同じ症状で治った人もいるので

もったいないと思いますが

仕方ありません。

自分で選択したことですから

自分の責任です。

気の毒ですが仕方ありません。

タグ:

過去記事を読む
​カテゴリー
最近の記事