​院長ブログ<健康気功>

コツン

一日ひとつは何か

コツンと心に響いてくるものがあるもので、

その時は立ち止まって考えることにしている。

自問自答するわけです。

コツンの芯が掴めることもあるが、

ぼんやり、むにゃむにゃのまま分らないこともある。

答えが出なかったらそのままにして放っておく。

時間が経てば分ることもあり分らないこともあるが、

構わない。

帰愚という言葉。

愚かに帰れということ。

ごちゃごちゃ屁理屈

偉そうな事や

自分を美化するようなことを言ってないで

愚かになる、素のままでいる、

生のままのただの自分になろうということ

愚かで何が悪い、といっている。

ぼんやり考えていると、

この愚は透明とか空っぽとかの意味と同じかな、

と思えてくる。

これから幸せになるんだと思うより、

今もう幸せなんだと思ったほうが、

幸せが拡大していくと言うじゃない?

これもごちゃごちゃ屁理屈なんか言わず力まず、

今が一番いいじゃんと

心をまず空っぽにすることなんだよね。

気功で治療をするときに

何が大事ってこの空っぽになるということ。

サムシンググレートとひとつになるというけれど、

ここから始まる、

とそう思っています

タグ:

過去記事を読む
​カテゴリー
最近の記事
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​院長ブログ