​院長ブログ<健康気功>

異次元の世界

玉三郎が舞台に上がると、

一人輝いて見え、

異次元の存在だと思います。

と歌舞伎の世界の人だけでなく多くの人が言います。

心を奮い立たせてくれる役者はたくさんいるけど、

玉三郎の凄さには、

毎回言葉を失い神の領域を感じる、とまで言います。

亡くなった勘三郎さんが言っていましたが

玉三郎さんは、琴、三味線、胡弓をライブで演奏したのですが、

どれ程の稽古が必要だったか。あの人の芸への執念がそれを実現させるんです。

あの人はどんなときでも美しいんだけど、

ある日、お市を演じている玉三郎さんの顔が

光に包まれているように輝いていたことがあったんだよね。

それで、芝居が終わった後、

楽屋へ行って、そのことを伝えると

『あんた、やっぱり分かったのね』って言うんです。

聞いてみると、前の晩にお市の方の心を思いながら、

肖像画を何時間も眺め続けていたんだって。

言うなれば、お市の方の魂が玉三郎さんの体に入っちゃってことでしょう。

お兄さんと一緒に芝居をやると、そういう驚きがある。

天才は天才を知るですね。

芸の世界から話を始めましたが、

気功の世界も同じです。

宇宙の中心に気の重心が降りている

同じレベルの人とは

たとえば遠隔治療してもスムーズに通じます。

タグ:

過去記事を読む
​カテゴリー
最近の記事
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​院長ブログ