​院長ブログ<健康気功>

庭の樹

五十代まで私は

自分と家族の為にお金や技術

全てのものを得たい気持ち

求めてばかりでした。

いま心していることは

まず与えること

伝えること

それに徹するようにしています。

気功、瞑想していてもこの気持ちを

確認してから終えるようにしています。

また 

忙中閑 という言葉がありますが

閑という字は門の中に木がありますね。

門を入ると庭に木立が鬱蒼としていて

その木立の中を通り過ぎると別世界のように落ち着いて

静かで気持ちが良いという意味なのだそうです。

どんなに忙しくとも自分で閑を見つけて

静寂の中で心を休めることが大事だということです。

患者さんが門から入って来たときに

私が庭の樹になれればこれもまた

与えることになる かな。

いつもありがとうございます。

タグ:

過去記事を読む
​カテゴリー
最近の記事
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​院長ブログ