​院長ブログ<健康気功>

気の重心はどこに?

気の重心を考えるときに

分かりやすい例として以前にも話したことです。

私の菩提寺は天台宗ですが

そこの住職の息子さんは若くして比叡山に修行して

1994年に千日回峰を満行し大阿闍梨になりました。

ニュ-スにもなり有名な人です。

修行中の回峰七百日満行した日から

九日間 堂入りと言って断食、断水、不眠、不臥で

一日三座の勤行では命を落とす人がいるという

大変な苦行があります。

午前二時に水を取りに行くときだけ

堂から外に出ることができます。

その阿闍梨が若い僧に支えられて

井戸に行く後姿の写真があります。

気の重心の位置が何処にあるか調べてみました。

このとき何と阿闍梨の身体の重心は

頭のさらに上にあったのです。

殆ど死者に近い状態です。

こんな状態でも難行苦行が出来るのかと驚きました。

奇跡のような状態です。

これは心の重心が足裏以下に降りているためです。

若くして肺癌になった人が

九十で老衰で亡くなるまで

元気に生きた例もこれと同じことです。

いつもありがとうございます

過去記事を読む
​カテゴリー
最近の記事
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​院長ブログ