​院長ブログ<健康気功>

合わないものはアタル

もう前の話ですが

五十過ぎの婦人が

青い顔して飛び込んできました。

頭が痛くてたまらないと言っています。

調べるとある漢方の薬が反応しました。

この漢方薬は腹が痛いときや

食中毒のときの薬です。

そこで昼飯に何を食べたか聞きました。

婦人が思い出しながら話した昼飯の中身は

パン、ヨ-グルト、ハム、トマトでした。

そのなかのトマトが反応します。

隣家から貰ったトマトだということですが

新鮮だが農薬でも付いていたのかもしれません。

とにかくこの婦人は

トマトが原因で食中毒を起こしています.

気功の治療を始めると

すぐに婦人は気持ち悪くなり

トイレに駆け込んで嘔吐しました。

吐血したかと思うほど

真っ赤なものを吐きました。

大量のトマトでした。

もういちど気功の治療して終わると

血色が良くなり頭痛も取れ

大変喜び感謝されましたが

やはりオーリングで原因が分かり

気功で処置が出来ることは心強いです。

ところで食中毒といっても

腐って傷んだものを食べたら

アタルのは細菌が原因ですが

どんなに新鮮なものでも

その人に合わないものはアタルと思ってください。

いつもありがとうございます。

過去記事を読む
​カテゴリー
最近の記事
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

​院長ブログ

ご予約はオンラインまたはお電話で

027-223-1310

 

VISIT US

群馬県前橋市西片貝町

3丁目340−3‎

 

CALL

Tel&Fax:027-223-1310

月~金 8:30~1:00、3:00~7:00

土   8:30~1:00

日曜・祭日 休み

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page